Category Archives: 腰痛

腰痛が悪化しないための日常生活

腰痛というのは多くの人の悩みの種となっていますが私にとっても腰痛というのは敵でしかありません。そのため、腰痛が悪化しないために日常的に心がけていることがあります。それは温かいお風呂に浸かりすぎないということ、そして柔らかなマットや布団は控えるということです。

どちらも腰痛を起こしたときには多くの人が取り入れるものだと思います。腰が痛いなと感じたらお風呂でゆっくりと浸かって腰を温めたり、ふかふかとした柔らかくて気持ち良い布団を求めてしまうかもしれませんが、それは腰痛を悪化させています。

腰痛は炎症によって起こるものであるため、温めるのはよくはありません。

また、やわらかい布団は体が沈み、体を守ってはくれません。固めの布団であると、体を固定してくれますので痛みが悪化するのを防いでくれます。そのため、日頃から布団はやや固めのものを利用するようにしていますし、体が疲れた時には腰痛が起きないために長湯をしないように心がけています。

身体の歪みと整体師さんの書籍

腰痛、冷え性、自律神経失調系の症状など、もし整体師さんに見てもらったならばいかにも「身体の歪みが原因です!」と言われそうな症状を、かつてのわたしは複数抱えていました。女性の身体なら女性の治療家の方へ頼るに限ると思い、ある 新宿で肩こり解消で有名な整体師さんが書いた書籍を書いました。12ヶ月を通して、どんな気候・季節・環境の時にどんな自己手当てをすれば良いか、整体の考え方や治療方法に沿って、絵入りで書いてある本でした。また、現代人に特徴的な眼精疲労、運動不足、座りっぱなしなどから来る不調の手当方法も書かれていました。結果的には、とても参考になりました。自分で取り組む整体の良いところは、痛い思いや通院の手間などの負担をかけずに改善できるところです。また、自分の身体が実際に歪んでいるかとか、どれくらい疲労が溜まっているか、水分不足で乾燥しているか、など自分自身で掴んでみるきっかけになることです。通うほど劇的な効果はないのかもしれませんが、日々の生活内で改善をしていくにはとてもよかったです。

腰痛原因をチェックして対策しました

私の腰痛のきっかけは20代後半に激務があった時に腰を痛めたことで、それ以来春か秋の季節の変わり目に必ず一度は1週間動けなくなるくらいの腰痛になっていました。学生時代からスポーツをしないままデスクワークの業務に就職したため体全体の筋肉がなく、少しの疲れで筋肉が固まってしまうのだと思います。整形外科に行っても改善しないので整体などで治療をしていましたが、このままではいけないと自分で原因と治療方法について検索して自分なりに推測しました。その結果、動かないため筋肉が固くなっていること、筋肉が弱いため一か所に疲労がたまってしまい限界を超えてしまうことが原因のように感じられたので、風呂上りに毎日ストレッチと筋肉トレーニング、週末は歩くことから始めてジョギングができるまで体力をつけました。1年くらいして気づいたら腰痛を感じなくなっており、毎年春か秋に怒っていたぎっくり腰からも解放されてきました。とはいえ疲れがたまると朝などに腰に痛みが走るので、筋肉を柔らかく保つよう注意しています。

私が腰痛対策として行っている事

私は10代の頃から、ごくたまにですが腰痛を発症する事はありました。ですが症状自体は重くなかったので、特に気にせず日常を過ごしていたのです。所が40歳を過ぎたある日、自宅でしゃがんだ拍子に腰が痛くなりました。しかもこれまでとは明らかに痛みのレベルが段違いであり、動こうとすると脂汗が出る程に強烈な痛みだったのです。そのため私はなるべく動かない様にして、3日程自宅で静養する羽目になりました。お陰で腰痛に対する恐怖心が芽生えてしまい、次に発症しない様に用心しようと決意したのです。そんな私が腰痛対策としてまず実行したのが、日常生活で行ってしまう何気ない癖を止める事でした。具体的には私は椅子に座った時に、ついつい足を組んでしまう癖があったのです。ですが調べてみるとその癖は、腰にかなり良くないという事だったので直ぐに止める様にしました。更に当時は仕事がそれなりに忙しかった事もあり、かなり運動不足だったのです。なので少なくとも週に2回以上はウォーキングかジョギングを行う様にして、極端な運動不足にならない様に心掛ける様にしました。加えて腰痛対策には体幹を鍛えるのが、1番に効果的だと知ったのです。だからこそバランスボールを購入して、空いた時間にちょこちょこと体幹を鍛えるトレーニング行う様にしました。こうした地道な腰痛対策が良かったらしく、もう3年近くも腰痛らしい腰痛の症状は発症していません。

初めての腰痛経験で感じたこと

今まで腰に違和感を感じたり、ぎっくり腰になったりしたことは一度もありませんでした。整形外科でパート勤務をしていた経験から腰痛に対しての知識はある程度持っていました。

私が腰に違和感を感じ始めたのは正社員として小児科医院に勤務するようになり1ヶ月経過したころで、最初はなんとなく腰が重たいような感覚でした、次になんか腰が張ったような感覚、腰を曲げたいような伸ばしたいような重だるい感覚、ついには立ち仕事以外の動作が痛くて苦痛になってしまいました靴下をはくのも困難ですし座ってお弁当を食べる姿勢も痛いほどでした。入社1ヶ月半ぐらいでお休みをいただくことも東京のおすすめの整体や整形外科を受診することもできません、まだ相談できる同僚もいなかったのでとにかく気づかれないように痛みを隠して仕事をしました。整形外科を受診しても自分の状態と治療方は想像できたのでとりあえずシップを貼り「腰痛ベルト」で腰を支えて仕事を続けました、昼休みは横になりできる範囲で「腰痛体操」をし痛み止めを内服し午後の勤務にのぞみ、帰宅後はお風呂で温めて腰痛体操を続けました。2週間ぐらい続けると次第に痛みが和らいできました。しゃがむときは腰を曲げずに膝を曲げ作業をしました、痛みがなくなってきたのでヨガを始めました、日ごろから体のストレッチをして柔軟な体を維持し腰痛防止に気をつけようと思いました。

猫背改善ベルトを着用しています

どうしても猫背になっているので、なかなか意識して姿勢を整えようとしても難しいため、通販サイトで猫背改善ベルトがあったので購入してみました。背中に着用するベルトなので、胸を張るような感じで着用しますが、かなり最初は違和感を感じることもあり、ちょっと日常的に猫背改善ベルトを装着するのはどうなのかなぁと思うこともありましたが、次第に慣れてきたので、これは大きな効果がある!と実感することができました。

猫背改善するためには、日々の生活の中で癖を改善することが重要になるので、そういう部分を意識しながら過ごすようになりました。猫背改善ベルトは、次第に使い慣れてきて、毎日つけるようになってから姿勢が意識して伸びるようになったのがわかります。前に重心がかかりやすいので猫背になっていましたが、次第に胸が広がって呼吸も以前と違い、ゆっくりと食事もするようになってきたし、色々と変化したのを自分でも実感できるようになりました。

腰痛回避のコツは脚を上手に使うことです

二足歩行の動物である人間は、どうしても何か動作を行う際に負担をかけてしまうのが腰です。腰は背骨のみで支えられているため、腹筋や背筋で上手にフォローをしてあげなければなりません。しかし、腹筋も背筋も鍛えるのはそう簡単なことでもないため、何かの拍子に腰へ負担をかけ、それがそのまま腰痛へと繋がってしまうこともあるわけです。それを防ぐためには、腰で何か動作を行うのではなく、脚を上手に使って動作を行うようにしてください。

例えば、腰を痛める代表的な動作と言えば「重い物を持ち上げる」というものが挙げられます。これを腰だけで行う方が多いと思いますが、そうでは無くてスクワットをするような形にして持ち上げるようにするのです。正直、脚、とりわけ太ももにはかなりの負荷がかかるはずです。しかし、太ももは筋力の塊であるため、腰よりはよほど頑丈に出来ています。そのため、腰だけで持ち上げるよりも遙かに負荷を減らすことが出来るようになるわけです。それだけで腰痛の可能性をガクンと減らすことが出来ますので、是非とも頭の片隅にでも置いておいていただき、実践に移していただければと思います。

日常生活で腰痛が悪化して困ったこと

私はパソコンを使って作業をする仕事に従事し、椅子から立ち上がる際にいつの間にか腰に違和感があって困ることが多いです。腰痛は同じ姿勢をするからなっているのかもしれませんが、仮眠をする際にいすに座ったままの状態であるために起きたとも思います。この状態はやはり体が曲がりいつの間にか腰の部分に負担がかかり、意識して治さないといけないと感じたものです。腰痛は歩くときにも違和感があり、腰の部分に手を当ててほぐすようにしました。

日常生活で腰痛が悪化して困ったことといえばやはり少し体を曲げただけで激しい痛みが発生し、落ち着いて行動できないこともあります。腰の痛みは走ると急に息苦しくなるため、早く治さないといけないと感じました。腰痛は腰の部分を温めるか冷やすか冷静に判断しないといけないため、一筋縄ではいかないものです。しかし、腰痛を経験するとどのようなことがいけないのか分かり、今後の生活に役に立てるきっかけになりました。

骨盤矯正で長年の悩みが解決しました

私は長年悩んでいることがありました。それは下半身太りです。BMIは19程。痩せよりの普通なので太ってはいないと思います。胸がないということもありますが。上半身はほっそりしている方でくびれもありました。しかし、腰から下が上半身とのバランスが悪いくらいに太かったのです。お尻、ふともも、ふくらはぎは特にコンプレックスでした。ボトムを買う時もウエストに合わせると太ももやお尻がきついし、太ももやお尻に合わせるとウエストがゆるいしといった具合にとてもアンバランスな体型でした。もちろん自分なりにストレッチやエクササイズをしてみたのですが、どうしても改善することが出来ませんでした。そんな時、以前マッサージに行った時に骨盤が歪んでいると言われたことを思い出しました。そこでインターネットで調べた骨盤矯正専門のサロンに行くことにしました。サロンではまずカウンセリングを受け、そのあと施術を行いました。私は結構ずれがあったようなので痛みがありました。しかし、定期的に通ううちに痛みはなくなり、どうしようもなかった下半身のシルエットが変わりました。今ではスキニーも自信を持って着られるようになりました。

子供の抱っこの仕方で腰痛も変わる

小さい子供がいると「抱っこ」をすることがあります。
ある時、子供を抱っこしようとして持ち上げるタイミングで腰を痛めてしまいました。
腰が痛くても湿布や塗り薬を塗ってみるだけで病院には行ったことがなかったのですが、あまりに痛みが長く続くので近所の整形外科に相談してみることにしました。

結局、痛み止めと湿布を処方されただけではあるのですが、その際に子供を抱っこする際の持ち上げ方を変えるように指示をされたのです。

普段は互いに立っている状態であれば、そのまま子供の両脇に手を入れて腕の力で持ち上げてから抱きかかえるようにしていました。
しかし、これが大きな負担になって今回に腰を痛めることになったという指摘をされたのです。

ではどうすれば良いのかというと、まずは子供の目線まで自分がかがむ。
そして、かがんだ状態で子供を抱きかかえてから立ち上がるというのが、腰への負担が少ないということでした。

以来、子供を抱っこする時にそこに注意しているのですが、腰が痛くなることもすっかりなくなりました。