忘れたころに腰痛がやってくるお年頃

身体を動かすのが好きだったあの頃が、懐かしく思います。
これまでどんなに仕事で忙しくてもスポーツクラブに通い、いい汗をかくことが何よりも快感でした。
ところが加齢には勝てないと思ったキッカケは、腰痛。
腰痛が怖くて、ランニングも、エアロビクスも控えるようになりました。
40代にして職種を選ばず身体を使い、腰をいじめたのかなぁと、ちょっぴり反省。
仕事で毎日10kg,30kgの小麦粉を担いだり、大きくて重い器具を床から洗い場まで上げ下げしたり、腰に負担がいくことをしたと思い当たる点は多少あります。
また身長が標準より高めのため、厨房にある台やまな板の低さは、腰にストレスがいったようです。
腰痛のため、月に一度の接骨院は欠かせません。
「骨盤がズレていますね」
毎回言われる言葉です。
仕事中は、接骨院でおススメされた骨盤矯正ガードルを履くようになりました。
一方、腰痛回避で気をつけていることは、正しい姿勢をする意識です。
普段の生活から足を組まないこと、胸を張ること、この2点は特に心がけています。